Illustration Fieldイラストレーション領域

延時歩

リュウグウジョウ

ある日、浜辺で弱ってるカメを助けたウラシマ。
カメを助けた礼として伝説の海中の城“竜宮城”に招待されることに。
竜宮城で待っていたのは贅の限りを尽くしたおもてなしと、可憐な城の住人オトヒメ。
楽しい日々を過ごすなかで薄れていく記憶と頭に響く「おいでおいで」の声。
──ここは絶対に来てはならない竜宮城だった。